[放射能社会への提言]より。玄米にまつわる秘話 - 地震・震災情報

[放射能社会への提言]より。玄米にまつわる秘話

昭和38年に三重県で「毒ブドウ酒事件」があり、ただ一人、玄米食をしていた浜田能子さんだけが無事だった。



地域のグループの総会でブドウ酒が振る舞われ5人が即死状態、12人が中毒症状で病院に運ばれるなか、2年前から自然農法を志し玄米自然食を始めていた浜田さんだけが、少し飲んだだけで直ぐに吐き出し難を逃れた。



浜田さんは妊娠7か月だった。



大騒ぎのなかで介抱していたが、次々と仲間が死ぬのを見て、自分も死ぬ。



死ぬなら自分の家で死にたいと思っている途中、真っ黒いものを吐いた。



家についてからも吐いて、合計で5回吐いた。



その後は何事もなく、また玉のような男の子を産んだ。



これもやはり命ある玄米食・自然食の威力と認めざるを得ない。



 勿論、飲んだ毒ブドウ酒の量が少なかったせいもあっただろうが、



玄米に多く含まれているガンマ―オリザノールの自律神経調整力によって胃腸が正常に働き、5回の嘔吐で毒物を完全に排泄できたのだ。



普段から自然な食生活に心掛けることがいかに大切か、ご理解いただけたと思う。




 ※「放射能対策は味噌と玄米が一番!」より一部抜粋
  
          日本総合医学会 理事 井上明先生ご執筆

ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。